無駄毛処理方法によって肌トラブルが起こりやすい

無駄毛処理は、その方法によって肌トラブルが起こりやすくなります。簡単、そしてお金が一番かからない処理の方法としてカミソリ処理がありますが、この方法は一番危険です。カミソリを使用して処理をすると、肌との摩擦が発生します。
摩擦は肌に大きなダメージを与えてしまい、怪我をしたりメラニン色素が沈着することがあります。キレイな肌を保つためにも、できるだけ肌にダメージを与えないようにする処理の方法が望ましく、カミソリ処理はおすすめできません。

脱毛はカミソリと違って肌に与えるダメージは少ない

カミソリと違い、脱毛は肌にあたえるダメージは少なく、キレイな肌を保つ処理方法としておすすめできます。脱毛は、光やレーザーの力を利用して、毛を無理に処理するのではなく、毛根を破壊して自然に抜け落ちるようにしています。無理やり抜くのではなく、更にカミソリのように摩擦などダメージを与えずに処理できるため、肌に優しい無駄毛処理ができます。
毛根を破壊する力を受けると肌にも影響が出てしまうのではと感じてしまいますが、肌に影響を与えることは少ないです。光やレーザーを使用した脱毛は、メラニン色素に働きかけるようにしています。そのため、メラニン色素が少ない肌に与える影響は少なく、肌トラブルを発生させてしまう可能性は低いです。
ただし、日焼けをしていると肌にメラニン色素が多く含まれるため、トラブルが発生する可能性が高くなってしまいます。肌トラブルの発生をできるだけ抑えるためにも、脱毛する前は日焼けを避けるようにしましょう。

医療脱毛は、レーザーを照射してメラニン色素を破壊することで、毛を生えにくくする脱毛方法です。機器の照射パワーが強い為、専門医師のいる医療機関でしか施術出来ません。施術箇所は基本的に全身可能です。